私たちが求めること

厳しいけれど暖かい。

 

私たちは仲間に努力と成長を求めます。

そのために就業時間の15%を教育時間に充てています。

 

『我々自身の物心両面の幸福の実現』のためにはお客様の支持と仕事のやりがいしかないと我々は考えます。そのためには、我々自身の努力と成長が絶対必要だと私たちは考えます。

 

『厳しい』とは長時間労働という意味ではなく、我々の目標・目的の実現に対して厳しく追及していくということです。それは数字(こだわり)もそのひとつにはいります。

 

『暖かい』ということは、努力する人々、努力する社員に対して徹底してフォローし、寄り添うということです。

私たちは努力する人に対して徹底的にバックアップします。

 

厳しくて暖かい会社の逆は、甘くて冷たい会社です。私たちは決してそのような会社にはなりません。

私たちが目指している営業スタイルは提案営業です。そのためには私たち自身が技術・知識の提案集団になることです。

 

小善よりも大善

私たちは小善(しょうぜん)よりも大善(だいぜん)を求めます。

野生動物にエサを与えて彼らの一時的な食べ物を与えるのではなく、彼らにエサの取り方を教える。餌を与えるものが居なくなっても彼らが生きていけるように教えていくという意味です。

我々は社員の皆さんにそのまま仕事を与えるのではなく、社員の皆さんが自分で考え、仕事ができるようになることを大善と考えます。


[ ナガ・ツキの詳しい教育方針については『社内外教育』のページをご覧ください ]